ltcmdr927ateblo

stop, look and listen

個人的にマニアックだと思っているボサノヴァをどうしても紹介したい

 前回こんな記事を書いたところ、数名の方にはてなブックマークを頂いたりしましたので、引き続きボサノヴァの記事を書いてみようと思います。音ゲーに関わらず身近にボサノヴァの話ができる人が居ないのでこうしてブログにしたためる次第です。別に四六時中ボサノヴァ聴いてる訳じゃないんですけど、マニアックな話とかしたい時とかあるので。

Conjunto Farroupilha / Gauchos Em Hi-Fi (1957年)

 f:id:ltcmdr927:20140319001036j:plain

 のっけから日本語でググっても一切情報が出てこないグループですみません。多分ですが「コンフント・ファロウピーリャ」と発音する名前のグループです。コーラス主体のボサノヴァ・アーティストです。アルバム「ガウチョス・エン・ハイ=ファイ」は流麗なアンサンブルとコーラス、そして何故か随所に現れるメキシコっぽさが癖になります。マリアッチの演奏に合わせて狂喜乱舞しているジャケットのメンバーを眺めていると「ジャンルなんてどうでもいいさ」と思えてくるから不思議ですね。普通のボサノヴァが聴きたい。

The Singers Inc. / Bossa Nova! (1963年)

 f:id:ltcmdr927:20070102172035j:plain

 このアルバム、ボサノヴァに詳しくない人でも割とノリノリで聴ける稀有な一枚なのですが、絶対数が少ないのかなかなか手に入らないのが難点。若干ヤケクソ感のあるタイトルやジャケットからは「ツイストやチャチャ、マンボなんて古い!これからはボサノヴァだぜ!」といった趣きが感じられますが、実際このアルバムは「当時の有名アレンジャーが揃って好きなだけハモりまくった1枚」なのでさもありなんと言ったところ。ジプシー・キングスでお馴染み「ヴォラーレ」など、お馴染みの曲を良質なボサノヴァ・アレンジで聴かせてくれるマストな1枚です。全曲通して割り込んでくるキレの悪いクイーカの音が癖になりますね。普通のボサノヴァが聴きたい。

Ivan Lins / Modo Livre (1974年)

 f:id:ltcmdr927:20140319001058j:plain

 普通です。別にマニアックじゃないです。正直知っている人からしたら「え、なんでこれ?」と思われるかもしれません。ただこのアルバムが「ボサノヴァのおすすめ」として紹介されないことがあまりにも多すぎると思ったのであえて紹介します。少ない語彙で解説しますと、イヴァン・リンスはブラジル出身のボサノヴァすごい人ですボサノヴァと言うと「アントニオ・カルロス・ジョビン」とか「小野リサ」ぐらいしか知らねえ、という人は多いかと思いますが、前者の曲がしっくりこなかった人でも「あ、こっちならいいかも!」と思える人はきっと多いはず。ただドザエモンみたいなジャケットにおののきつつも手を出そうとするとボサノヴァお得意のびっくりプレミア価格で枕を濡らすか無理矢理買って破産する羽目になりますので適時MP3販売などを利用されることをオススメします。もっと手に入りやすいボサノヴァが聴きたい。

Faculdade de Arquitetura / A Noite Do Amor, Do Sorriso E Da Flor (1960)

 f:id:ltcmdr927:20140319001110j:plain

 最初に謝っておきたいのですが、恐らくこれ普通には売ってません。タイトルで検索すると入手できるかも。諸説には「たぶんブラジルで一番最初に行われたかもしれないボサノヴァ・フェスティバルの内容を録音した音源」とあるのですが、参加している面子がロベルト・メネスカル、ベベト(タンバ・トリオの人)、シルヴィア・テレス、ジョアン・ジルベルト、エルザ・ソアレスなどちょっとかじりだしたボサノヴァ・ファンでも裸足で逃げ出すレベルの豪華メンバーになっています。ただ残念かな、ボサノヴァの音源で音質が悪いのはもはや通例とは言いつつも「ほとんど昔のアナログ電話」「異常な音割れ」「テープが切れてるっぽい箇所」「テープが読めてないっぽい箇所」「位相がブレまくる」などローファイ好きでないと聴き続けるには苦しい感じになっています。とは言え、音源的にはめちゃくちゃ貴重な気がするので、興味がある方はぜひご一聴を。良い音質のボサノヴァが聴きたい。

Various Artists / Bossa Disney Nova (2004)

 f:id:ltcmdr927:20140319001127j:plain

 もう疲れてきたので普通に紹介することにしました。ディズニー監修のボサノヴァ企画盤としては他にも「Disney Bossa Nova」「Bossa Disney」「Bossa Disney Carioca」などがありますが、いずれもディズニー監修だけあって名作揃いです。名作というか普通にメンバーが大御所ばっかりだし、普通に良アレンジだし、普通にいいアルバムです。「ボサノヴァに興味があるんだけど何聴けばいいですか?」と言われることがあるとしたら、たぶんディズニー監修のいずれかを勧めると思います。往年のディズニーの名曲をボサノヴァで、という、なんというかすごくお金のパワーを感じる1枚ですが、曲はホントに良いのでおすすめです。

おわりに

ボサノヴァって本当にいい音楽ですね。上の紹介はかなり極端な内容なのでその点ご留意下さい。

広告を非表示にする