読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ltcmdr927ateblo

stop, look and listen

一万円以内で会津から東京へ2泊3日の行程を経る話

 今回所用で会津から東京へ2泊3日の行程を経たのですが、安く仕上げたかったので安く仕上げたら一万円以内だったという話を書きます。

移動手段

 さくら観光の高速バスで「平日半額」プランを使います。往復で3500円、片道1750円となりました。

 http://www.489.fm/weekday.html

 「平日半額」プランは「平日(月火水木で金曜日と祝日は除外)のみ適用、予約変更不可、座席指定不可」というプランなので「絶対に平日に行くことが決まっていて、席はどこでもいい」という場合のみしか適用できませんが、それでも往復で通常の片道分の料金となるのでかなりお得です。期間限定なのでいつでも使える手段ではないのですが、過去何回かやっているキャンペーンで、割りと使う人も多いと聞きます。今回は就活生らしき客も居たのでやはり安い手段としては全然アリだなという印象です。

 なお弊社のケースですが、2列シートを1人利用できる程の予約状況だったので割りと快適な移動手段でした。ただこれが土日になると通常料金かつ普通に2列シートに2人といった予約状況になると思いますので「平日を取るか否か」というところがもっとも重要な判断基準になると考えています。会津-東京だと途中休憩を挟んでだいたい4時間30分ぐらいなので「俺はバスみたいにじっとしたまま何時間も移動するのは嫌なんや!」という人にはおすすめできませんが、とにかく安くしたいのなら一考の余地はあると思っています。

宿泊手

 南千住の「ホテルNEO東京」にて「室数限定」プランを使います。素泊まり一泊3100円、2泊で6200円となりました。

 http://www.hotel-neo.com/

 南千住には安価な宿が多く、ここ以上に安い宿も多く存在します。いわゆる「素泊まり」タイプでバス・トイレは共同という感じなのですが、そういったホスピタリティに抵抗が無い人であれば選択としては十分と言えます。実際来京した場合「ホテルは荷物置いて寝るだけの場所」という状態になることが多いかと思われますので、理にかなっているのかなと。だいたい首都圏で5000円以下だとカプセルホテル一択みたいな状況になるケースもありがちですしそういうのはできれば避けたいという人は是非このあたりの宿を検討してみるといいんでないかと思います。

 ちなみに安価な宿だと治安面が不安だという人が居るかもしれませんが、個人的な印象としては「普通」という感じです。サラリーマンが多いイメージです。

留意事項

 そんなこんなだとバス代往復3500円+宿代2泊6200円となり、合計9700円となって見事に一万円に収まりましたという感じなのですが、当たり前のように高速バスの途中休憩で立ち寄るサービスエリアでミル挽き珈琲アドマイヤを買ったり、東京で各種美味な飯を食ったりするので実質的なインフラ料金は一万円を超えてきます。ただインフラを安く抑える代わりに飯などをグレードアップするという施策もあるかと思われますので、そのへんは適時ご留意頂ければと思います。

 あと見て頂ければ分かるかと思いますが基本的男が1人で行くことを想定したプランとなっています(上の宿も男性限定です)のでそこもご留意下さい。いちおう性別を限定していない安価な宿もあるにはあるのですがどうしても安価な宿は不安という場合は無理に選択しなくても良いのかなという印象です。

 ちなみにもうちょっと頑張ると一泊二日で5000円ぐらいの行程もありますが、これはまた機会があったら試して書こうと思います。

広告を非表示にする