ltcmdr927ateblo

stop, look and listen

プロとアマの仕事の違いに寄せて

 プロとアマの仕事の違いに寄せてみました。以下のツイートが元です。


 このツイートに対する、僕なりの印象を書きます。

 プロの「最終クオリティ105%」の5%余剰分というのは、いわゆる「お・も・て・な・し」の領域の部分だと思います。「お客様からは頼まれていませんでしたけど、これやっておけば便利だと思ったんでやっておきました!」というような範囲の仕事がこれにあたると思います。実際、そういった「お・も・て・な・し」を含めることが出来る人というのは本当に稀にしか居ないので、まぁ、サービスいいなぁ、よくわかってるよなぁ、プロだよなぁと思うことは確かです。

 アマチュアの方はどんなに頑張っても品質が95%までしか到達していないです。これは「全体をよく把握しないまま細部にこだわりすぎており、結局追い込んでもプロの仕事には叶わない」という事が言いたいのだと思います。実際、ズブの素人がやると50%いくかどうかというケースも少なくはないと思うので、95%ぐらいまで到達すれば御の字という気もしますが、プロになるためにはそれではいけない。つまり「仕事って甘くないのよ」という事が言えるのだと思います。

 「次回の納期がここになる」というのは、すみませんがよく分かりませんでした。短納期の案件の場合にどちらが質の高い仕事が出来るか、という事を表しているのだと思いますが、明言は避けておきます(そもそもプロが80%しかコミットできない仕事ってどうなの、という疑問もある)。

 それでまぁ、結果的にアマチュアには仕事が流れず、プロに依頼する人が増えてきます。アマチュアは露頭に迷うし、プロはどんどん実力を伸ばしていきます。アマチュアは死に、プロが生き残ります。生き残るためにも、プロにならなければいけないという事が言えるのでないかと思います。

 ここから下は個人的な付け足しの意見です。

 ただ、最初からプロみたいな仕事ができる人は世の中には殆どいません。大抵多くの失敗を経験し学んだり、素晴らしい上司や先生やプロジェクトに従事したり、そういった経験を得てアマチュアからプロになっていくという人が大半だと思います。

 僕は、プロというのは「アマチュアに仕事を振り、プロに育て上げられる人」でもあると思っています。自分でバリバリ仕事ができる人もまぁプロでしょうが、優秀なプロを育てられる人というのはそれよりもはるかに素晴らしいプロと言えるのではないかと思っています。これは組織にいるなら尚更で、会社でも同じことが言えます。

 そして残念ながら、アマチュアを見殺しにするプロというのも割と多いです。自分がプロであろうとする事に固執するあまり、アマチュアを排除してしまうのです。時には本業よりも熱心に「将来有望なアマチュアを排除すること」に躍起になっているプロとか、「アマチュアの事を一切考えていない・アマチュアを相手にしない」プロが居たりもします。かつては自分もアマチュアだった筈なのにです。

 アマチュアだって別に全員が「仕事なんて甘い甘い」とか思ってたりする訳じゃないと思うんですが、プロはアマチュアに対し「仕事は甘くない」とわざわざ忠告してくれます。これには「仕事は甘くない(だから頑張れよ)」という場合と「仕事は甘くない(だから辞めろ)」という場合など、複数のケースがあります。どれを意味しているのか見極めることが大事です。

 個人的には、アマチュア全体がプロに屈しなければならないという事は全くなく、アマチュアは自分を育ててくれる上司や先生やプロジェクトに従事し、自分を排除しようとするプロに対して立ち向かい、勝利するのが良いと思っています。自分を排除しようとするプロもプロなので躍起になってきますし、結果としてはそれで業界が活性化し、良い流れが出来ていくのではないかと思っています。なのでアマチュアだからと萎縮する必要は一切無いと考えています。

広告を非表示にする