ltcmdr927ateblo

stop, look and listen

電子書籍 vs 紙の書籍っていう構図がそもそもどうなのかという話

 電子書籍 vs 紙の書籍っていう構図がそもそもどうなのかという話について書きます。以下は弊社がユーザー視点で見た場合の個人的良否一覧です。

電子書籍の良い点

  • 媒体として劣化しない(紙だと濡れたり日焼けしたりする)
  • 買おう、読もうと思ったらすぐ買えるし、読める
  • ボリュームのある書籍でも持ち運びや管理が楽

電子書籍の良くない点

  • 本の質感とか手触りを楽しめない
  • 中古として売ったり貸し借りできない

紙の書籍の良い点

  • 物としてコレクションしている感じが出る
  • 自由に付箋貼ったり落書きしたり折ったり貸したりあげたり電子化できる
  • 無料でも全部読める場合がある(図書館で借りたりとか)

紙の書籍の良くない点

  • かさばる。置く場所がなくなるし、持ち運びも億劫
  • 暗い場所で読めない

 どちらも良い点悪い点は普通にあるし、電子書籍が絶対的に便利でアウェサムで最高だから電子書籍だけ買いまくるかというと現状そんな事も無いというのが正直なところです。

 というか厳密には「便利だから電子書籍を買う」というのは違っていて、実際は「自分にとってその時その時で便利な方を利用している」というだけなのではないかと、最近は思っています。

 弊社の場合はマンガや新書など「別にコレクションしなくても良さそうで、すぐ読みたいもの」に関しては電子書籍買い、「人に貸したり中古で売ったりする可能性があるか、コレクションしたいものか、手元に置いてすぐ読み返したいもの」については紙で買う、といった感じになっています。

 なので当然「ああこの本、電子書籍の方が良かった!」っていう場合とか「これ紙の本で買っとけば良かったわ」っていうどちらの場合も存在しますし、一度買った後に逆の必要が生じてしまった時はやむを得ず買い直す、という事も(まぁ本当ごくまれにですが)あります。なのでそんなに頭の良い買い方をしている訳ではないという自覚はあります。

 自分でどうにか出来る場合は紙の本を買って電子化しちゃえばいいんですが、そこまで本にかかりきりになれるかというと、実際そういう事にはならないし、結果としてグダグダな感じであるというのが現状です。

 個人的には「一方を買ったら一方の権利がついてくる」という感じがベストだと思っています。電子書籍を買ったら1冊まで紙の本が貰えて、紙の本を買ったら電子書籍ダウンロードも可能、みたいなの。

 ですが実際のところはこんな感じらしいのでしばらくグダグダ運用は続くと思って止みません。

広告を非表示にする