読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ltcmdr927ateblo

stop, look and listen

iWoz 読んだ

 正確なタイトルは「アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝」ですが長いので省略しました。

 ジョブズの死に際してスティーブ・ジョブズ関連の書籍を読んだ人は多いと思いますが、こちらの本を読んだ人というのは実はあまり居ないのではないかと思っています。そもそもあまり人前に出てこない人ですし、ジョブズの書籍にはただでさえ「すげえ関連人物」がいっぱい出てくるので、ジョブズ側から見た「一緒に頑張った人のひとり」の本をわざわざ読んでみよう、という気にはなかなかならないのではないか、と思うのが主な理由です。

 では、何故この本を読もうと思ったのか?それはウォズが「エンジニア視点でどう見ていたのか知りたかった」からです。会社としてプロダクトを作ろうとする時、そこには必ず「エンジニア」と「エンジニア以外」が居ます。弊社が知りたかったのは、アップルのエンジニアであるウォズが、どのように考えながらアップルⅠやアップルⅡを作っていたのか、またHP社を辞めた時、CL9社を設立した時も、どのように考えながらそうしたのか、そして、エンジニアとして、エンジニアは本来どうあるべきなのか。そういった「節目節目のエンジニアの心の機微」を知りたいと思ったからです。

 なぜHP社を辞めたのか。なぜアップルという最高のエンジニアリングが出来る会社を離れ、リモコンの会社を作ったのか。なぜUSフェスティバルを開催したのか。それらに対する答えが、すべてこの書籍に書いてありました。エンジニアとして、この書籍を読んだことはとても大きなプラスになったと言えます(正直、2回離婚してたというのは意外な情報でした)。

 他のエンジニアの事を知りたいと思う時に、他のエンジニアに直接聞ければそれが一番いいのですが、エンジニアというのはなかなかそういうことをしたがらない人が多い職種だと思っています。ましてやそれが本になっている事など尚更のことです。本の内容は、賛成できるところもあれば、理解しがたい所もあって、結局人それぞれ、エンジニアであっても人それぞれなんだという結論にしか至らなかったのですが、その結論を得られた事も弊社にとってはとても有意義な出来事でした。

 エンジニアであれば「スティーブ・ジョブズ上下巻」の前にまずこちらを読むことをオススメします。出来れば両方読んで欲しいです。そしてジョブズとウォズ、どちらが自分にとって共感できる存在なのか、是非それを考えてみて頂ければと思います。

広告を非表示にする