読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ltcmdr927ateblo

stop, look and listen

龍泉洞の缶コーヒーが美味しいという話

f:id:ltcmdr927:20131021103419j:plain

セブンカフェを筆頭とするコンビニコーヒーブームの傍ら、てやんでえ珈琲は本格的な喫茶店で飲んでなんぼじゃい、などとぼやきつつ日々スタバやドトールなどに足繁く通うコーヒー好きの皆様におかれましては如何お過ごしでございますでしょうか

第三次コーヒーブームなどと言われて久しい昨今ですが、最も手軽に消費できるコーヒーというとやはり依然として缶コーヒーになるのではないか、という意見は納得頂けるかと思います

しかしながら、セブンカフェが 100 円でドリップコーヒーを提供している現状を鑑みるに、手軽さだけでは缶コーヒーの地位が危うくなっていくのではないかという予測を立てていたりもします

※詳解は省きますが、手軽さよりも価格が勝つのではといった内容です

さてそういった市場の動向などとは余り関連性が無いのですが、岩手県岩泉町にある「龍泉洞」という鍾乳洞の地底湖の水から作った缶コーヒーというものがあるのでこれを紹介したいと思います

いわゆる普通のブラック缶コーヒー(ちょっとパッケージが古めかしいのはご愛嬌)ですが、味は缶コーヒーと思えないほどクオリティの高いものになっています。好みもあるかと思いますので端的に解説すると「後味が恐ろしくすっきりしている」「豆の甘みがストレートに感じられる」といった内容になっております

過去にモンドセレクション金賞を受賞しており、缶コーヒー界隈でも一目置かれる存在なのですが、首都圏では NATURAL LAWSON などでの店舗販売に留まっており「缶コーヒーにしてはそこそこ入手困難」な商品となっています

※通販はわりと潤沢で Amazon でも取り扱いがあります

結論「缶コーヒー」としては非常におすすめなのですが「毎日消費するコーヒー」としては割高感がありあまりおすすめできないなぁという感じになっております。龍泉洞に限らずマイナーだけどうまい缶コーヒーという存在自体は結構あるにはあるのですが、やはり「毎日消費」することを考えるとどうしてもセブンカフェとかリーズナブルでうまいコーヒーになっちゃうよね、というのが言いたかったのでした

広告を非表示にする