読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ltcmdr927ateblo

stop, look and listen

「みんな◯◯やろうぜ!」と言って自分はやらない人

という輩が一定の割合で存在しますが、だいたい

  • 自分はやらないけど他の人がやって成果を出した時に「あれやろうぜって最初に言ったの俺なんすよwwwww」と言いたいだけの人
  • 自分はやらないけど他の人がやってる事に大して口出しとかちょっかい出しとかはしたいので最初に起案だけしといてポジション作っとくかっていう人

のどちらかである事が大半だし、結局どっちにしてもやる気があってやった人が日陰に回ったり埋もれていくケースが多いので、最初から無視して関わらない方が本人の為になると思います

中高生時代はおろか、社会人になっても、やたらと「結束」や「仲間意識」「グループ化」を強く意識しているタイプの人間がいる。

たとえばこういうタイプと飲みに行ったりすると、やがて「よし、これから毎月このメンバーで定期的にこうして集まることにしないか?」と提案してきたりしがちである。さらには「このメンバーそれぞれが、このメンバーだけとの連絡に使うメルアドを作らないか?」といった提案までしてきたり…。

こういうタイプの人はやがて「オレとお前の間柄」と、何やら特別な関係とでも言いたげな意味を含ませた言葉を持ち出してきて、それを理由に「隠し事はやめよう」だの「他のヤツには言えない事もオレには相談出来るだろ?」だのと、どんどんコチラに入り込んでこようとするのだ。

悪いヤツではない。根はいいヤツだと思う。しかし、正直言って実に“しんどい”もしくは“面倒くさい”タイプの人間である。

そして、そういう思いを抱くのは僕だけではないようで、次第にこのタイプの人間からは人が去っていき、彼は結局友達が少ない人間になってしまうのだ。*1

基本的に他人の意欲を利用して自分の地位を向上させようみたいなタイプの人が嫌いというのが強いのでやる気があってやった人はそういった輩に意欲を搾取されないよう気を払いつつ淡々とやっていくのが良いと思いました

*1:限定的な仲間意識を持ちたがる人 http://www.roma-emancipatie.org/few/few08/

広告を非表示にする